ロゴ

肝斑治療.net

肌の環境を整える方法

レディ

潤いを保つ

私達の肌は常に水分を失っています。特に日焼けや肝斑のレーザー治療後は表皮がダメージを受け後は、表皮が傷ついているため、肌から水分が蒸発しやすくなっています。
そのため洗顔をした後に、たっぷりの化粧水で肌の水分を補ってあげましょう。

油分で蓋をする

化粧水で肌にいくら潤いを与えても、その上から蓋をしないとせっかくの潤いがどんどん蒸発していきます。
そこで、化粧水の後は乳液を塗りましょう。乳液を塗ることで、乳液に含まれる油分が表皮の代わりに肌に蓋をして、肌の水分を閉じ込めてくれますよ。

日焼け止めを塗るときのポイント

せっかく肝斑を治療しても、日焼けを予防しないと、再びメラノサイトが活発になって肝斑が再発してしまうかもしれません。
屋外で過ごすときは、汗で日焼け止めが流れ落ちてしまうので、2時間おきに塗り直すようにしましょう。
また、たとえ屋内にいたとしても、紫外線は窓ガラスを通過するので、日焼け止めを塗っておいたほうが良いですよ。

しっかり睡眠を撮ろう

実は、肌のターンオーバーは睡眠中により活発に行われることがわかっています。そのため最低5時間~6時間は睡眠をとるようにしましょう。また、就寝する約2時間前に入浴すると、身体の血行がよくなり良質な睡眠をとることができますよ。
大阪のクリニックでは、肌の健康を保つためのアドバイスもしてくれます。