ロゴ

肝斑治療.net

女性特有のシミ

肝斑は、女性特有のシミと言われています。
主に妊娠期にある女性や、更年期が近い女性、経口避妊薬を服用している女性に多いシミです。そのため女性ホルモンのバランスが肝斑の発生に影響していると考えられています。

肝斑とメラニン

婦人

できる場所

肝斑はほとんどが顔の皮膚に発生します。顔の皮膚であればどこにでもできる可能性がありますが、その中でも頻繁にみられる発生場所を下記にまとめたので参考にしてください。
・目の外側
・頬の骨の周り
・鼻の下
・顎の下
・眉の周辺

肝斑の特徴

シミにはたくさんの種類があり、その種類によってシミの出来方も様々です。
その中でも肝斑によく見られる特徴は、ほとんど左右対象にできるということです。
そのため、顔の皮膚に左右対象のシミを見つけたら、肝斑を疑ってみてもいいかもしれません。

肝斑と紫外線

肝斑の原因は女性ホルモンの他にもあります。
それが、紫外線です。
実は肝斑は顔の皮膚の中でも骨が出っ歯ている部分に出来やすい特徴があります。骨が出ているところは周囲の皮膚に比べて紫外線が多く当たるため、紫外線が肝斑の原因の一つであると考えられています。
大阪では、美容クリニックならではの紫外線対策を教えてもらうことができますよ。